意外と知られていない、バストアップのメカニズム!

バストアップサプリ → 胸が大きくなるメカニズム

バストアップサプリ-胸が大きくなるメカニズム

バストアップを目指している方なら胸の構造について知って損はない、むしろ知っておいたほうがいいかと思います。 胸の構造と一緒に胸が大きくなるメカニズムを理解することで、より効率よくバストアップができます。 決して難しくはありませんので、大きなポイントを押さえていきましょう。

まず、乳房は何で出来ているのでしょうか。 およそ9割が脂肪、後は乳管ななどの乳腺組織となっています。 体の全体的に脂肪がついている女性のほうが、胸が大きい場合が多いですよね。 この乳房を支える土台となるのが大胸筋です。
バストアップ効果のある食べ物

次に、乳腺の発達について触れておきます。 だいたい初経の1年前から乳腺の発達がスタートすると言われています。 そして、初経がきてから1年後から、乳房第一期を経て乳房第二期を迎えます。 この時期に乳頭、乳輪、乳房全体が成長し、次第に丸みを帯びて、形となっていくのです。

この頃、成人の乳房と外見がほとんど同じですが、乳腺がまだ未発達です。 乳腺が充分に発達するのは18歳頃となります。

思春期以外にも、妊娠することで乳房が急速に大きくなります。 妊娠から出産の時期は、乳腺が瞬く間に発達し、胸のサイズが通常と比べて大幅に大きくなることで知られていますね。 授乳を終えると元のサイズに戻ってしまうことが多いです。

このように、胸を大きくするためには「乳腺の発達」が重要となるのです。 そして、その乳腺の発達に必要な要素というのが「女性ホルモン」です。 2種類ある女性ホルモンのどちらも胸の成長に必須です。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、女性らしい丸みのある体を作ります。 もう1つのプロゲステロンは妊娠などに関わる重要な役割があります。

この2つの女性ホルモンが分泌されて、乳腺が発達することが、胸が大きくなるメカニズムです。 これらを理解して「女性ホルモン」にアプローチし「乳腺の発達」を促す方法でバストアップに励むといい結果が得られるはずですよ。